, ネイルサロン渋谷区・ネイルアートのデザインネイルサロン渋谷区

ネイルアートのデザイン

コンビネーション

コンビネーションとは、2色以上のカラーの塗り分けをし、トッピンググッズなどを組み合わせたネイルデザインのことで、その中のカラーコンビネーションとは、2色以上のカラーを使用するネイルの塗り方の事です。トッピンググッズには、ラインストーンやネイルシールなどがあります。カラーコンビネーションの中には、フレンチネイルやトライアングル、レジメンタルなどのデザインがあります。

<フレンチネイル>

フレンチネイルとはフレンチともいい、フリーエッジ(爪先)の部分だけを白く塗るネイルデザインの事で、カラーコンビネーションの一つです。通常、ベースカラーに淡いピンクや透明色を用い、ナチュラルで清楚なイメージに仕上げ、多くの人に人気のベーシックなデザインです。

<トライアングル>

トライアングルとは、爪を山型に塗り分けるネイルカラーの塗り方の事で、カラーコンビネーションの一つです。

<レジメンタル>

レジメンタルとは、爪を斜めに塗り分けるネイルカラーの塗り方の事で、カラーコンビネーションの一つです。

<シボレー>

シボレーとは、ネイルカラーを濃淡に塗り分けたデザインの事で、カラーコンビネーションの一つです。

マーブル

マーブルは、ベースカラーが乾く前にドットで違う色をのせて細筆などで色を混ぜ合わせる事によって作ります。

アールデコルック

アールデコルックは、爪半月(ハーフムーン)を、三角や半月に残してカラーを塗る塗り方のことです。

ペイントネイルアート

ペイントとは、平面的や3Dでネイルに絵を描くネイルアートの事で、筆やエアブラシを使います。

<フラットアート>

フラットアートとは、平面的にデザインしたネイルアートの総称で、ネイルカラーで彩色したり、絵の具で絵を描いたりします。それに対して立体的にデザインしたネイルアートは3Dネイルアートといいます。

<ネガティブ>

ネガティブとは、ネイルアートを行う時、図柄以外の面を彩色する方法で、フラットアートの中の一つです。特にエアブラシでネイルに描画する時に、図柄に色が付かない様に図柄をマスキングすることをネガティブマスキングといいます。また、図柄以外の面にブラシをかけることをネガティブブラシといいます。

<ポジティブ>

ポジティブとはネガティブと逆で、ネイルアートを行う際に図柄だけを彩色する方法でフラットアートの中の一つです。特にエアブラシでネイルに描画する時、図柄だけに彩色するために図柄以外の部分をマスキングすることをポジティブマスキングといいます。また、図柄だけにブラシをかけることをポジティブブラシといいます。

3Dネイルアート

3Dネイルアートとは、スカルプチャネイルの材料やジュエリーなどのアザーマテリアルを用いて立体的にデザインしたネイルアートのことです。

ネイル資格取得こちら

ネイルの資格は幅広く活躍できます。こちらから詳細が見れます。

スポンサードリンク


 もつ鍋  石垣島ダイビング  性病  医療事務  家庭教師トライ  アビバパソコンスクール  生協コープガイド  @石垣島  もつ鍋